私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、真っ先に頭に

私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。まだ小さかった頃からあったサプリメントであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、決まって私のお腹を守ってくれていました。

「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、まずはビオフェルミンなのです。

なぜ私が便秘になったのかというと、普段あまり運動をしないからでしょう。毎日の通勤は車なので、歩いたり、運動したりもあまりありません。

飼い犬などもいないので、散歩に行くようなこともないのです。

そのような生活のせいで、私は便秘なのだろうと思うのです。

便秘の改善にもなるはずなので、今日からウォーキングを始めることにします。花粉症となってしまって以来、乳酸菌を取り入れるようにしました。

二年前より花粉症となってしまって、ずっと鼻水がやまなくなりました。

治療薬を使うのは気が引けたので、この間、テレビで紹介していた乳酸菌サプリを飲んでみました。今は、これで花粉症の症状が軽くなっています。

息子がアトピーだと医者から診断されたのは、まだ2歳の頃でした。膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、皮膚科からはステロイドを処方されたのでした。2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、ようやくそれらの症状も落ち着きました。乳酸菌と言って思い出すのはカルピスです。

昔から、毎日味わっていました。

なぜなら、乳酸菌が入っているからです。

お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。そのわけで、私は便秘の経験がありません。

もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで丈夫な体になりました。お腹が便で膨れて苦しんだ事って永い人生のうちに必ず一度は誰もが体験することの一つだと思います。

私もその経験があり、酷いと一週間お腹が張った状態のままなんてこともあります。

便秘薬も売られていますが、私はアレがあまり好きではないので、穏やかに効いてくれるオリゴ糖を摂取しています。

効き目が優しいのが安心ですね。

乳酸菌シロタ株と聞けば、ヤクルトしかありません。

その昔、白血病を患い、闘病した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでおなじみです。あざやかに白血病との闘病生活から帰還し、ハリウッドでめまぐるしい活躍をみせているCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、高い効果が期待できそうな気分です。実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果があるといわれています。

大体1年くらい前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったというテレビプログラムを見ました。私の娘が受験生でしたので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。

特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが断然いいそうです。

便秘になってしまっても、薬に頼れば簡単に、解決することができるとは思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、やはりまず最初に食事を見直してみてください。

特に食物繊維を多く含む食品を摂ることが効果的で、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をバランスよく摂るのが重要です。

後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。

ちょっと前に、インフルエンザにかかってしまって病院を受診しました。どのくらいの潜伏期間なのか判然としませんが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触してうつったのだろうと考えています。3日間にわたって高熱が続いて大変苦しい思いをしました。

インフルエンザは高い熱が続くので、通常の風邪より辛いですね。

アトピー性皮膚炎の患者の角質層はセラミドが問題がない状態のときよりも少ない状態になっていて、肌の水分を保つ力や守る役割が減っています。これを補い正常に戻すには、保湿することがとても重要です。それ故に、お肌の表面を保護して、保湿剤を塗ることが必要なのです。

いつ乳酸菌を摂れば良いのかですが、決まった用法がないのです。

参考になる量と回数は商品の外箱に、明示されているわけですから、それが参考になるでしょう。まとまった量を一度で取り込むよりかは、飲む回数を数回にした方が、身体のすみずみまで届くということから効果があるやり方です。

元々、アトピーに有効な化粧水を使い続けています。友だちから良いよと教えてもらった化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを想像以上にきれいに消してくれたのです。今まで見たくなかったはずの鏡を見ることが、今では楽しみになりました。触る度にお肌がスベスベしていることをしっかり実感できます。

ここのところ、乳酸菌がアトピーに効くことが見つかってきました。

引き起こすものはいろいろありますが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって引き起こされるケースもあります。

アトピー患者の大体は腸内環境が整っていないため、乳酸菌をとることでおなかの環境を整えることがアトピーを完治する手段となります。結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が経験したのは、大量に食べないと、あまり効果がない気がします。

毎日1パック位食べて、お通じがようやくあるぐらいです。

ヨーグルト愛好者にはいいですが、嫌な人もジャムを入れて味を変えるなどして可能な限り食べるようにするとよいでしょう。